秩父宮みなとラグビーまつり2018への思い

昨年の感動が再び秩父宮に戻ってきます! 今年は、2017年に生まれた「繋がり」を「拡げる」ことで、日本にラグビーの文化が広がり、しっかりと地域にレガシーが残ることを目指し、『秩父宮みなとラグビーまつり2018』を開催する運びとなりました。
まつりの核となるフレンドシップマッチは、NECグリーンロケッツvsワラターズ、サントリーサンゴリアスvsブランビーズのワールドクラス2試合を日本初の同日開催!
さらに前回を上回るラグビーフェスティバルを開催し、聖地秩父宮から、そして東京の中心『港区』から、地域、企業、ラグビーチームと共にラグビーワールドカップ2019日本大会を盛り上げてまいります。

私たちが掲げる3つの目的

ラグビーの聖地・秩父宮と東京の中心・港区がスクラムを組んでラグビーワールドカップ開催都市のモデルイベントとなるような事例を創出する。

2009年に締結した「JRFUと港区の連携協定」をラグビーワールドカップと東京2020大会に向けさらに強固なものとし、その集大成として地域の賑わいを創出する。

港区と開催都市をつなぎ、2019年秩父宮ラグビー場聖地巡礼プロジェクトの第一歩とする。

秩父宮みなとラグビーまつり2018開催概要

名称

秩父宮みなとラグビーまつり2018 Supported by SUNTORY

期間

2018年 6月12日(火)~17日(日)
国際交流試合/地域・国際交流イベント 6月17日(日)

・フレンドシップマッチ 2試合開催

・ウェルカムレセプションパーティー

・聖地体験プログラム

・スタジアム通り&絵画館前通りイベント

秩父宮みなとラグビーまつり2018実行委員会

港区/港区教育委員会/ 東京商工会議所港支部/ 港区商店街連合会/
港区観光協会/公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団/
一般社団法人港区ラグビーフットボール協会

名誉会長:武井雅昭(港区長)
会長:池田朝彦(東京商工会議所港支部支部会長)
副会長:須永達雄(港区商店街連合会会長)
副会長:渡邉仁久(港区観光協会会長)
副会長:野村茂(公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団理事長)
委員:坂本力(青山外苑前商店街振興組合理事長)
委員:森信二(港区赤坂地区総合支所長)
委員:新宮弘章(港区教育委員会教育推進部長)
事務局長:黒崎祐一(一般社団法人港区ラグビーフットボール協会会長)

名称

秩父宮みなとラグビーまつり2018 Supported by SUNTORY
秩父宮フレンドシップマッチ2018
「NECグリーンロケッツvsワラターズ」
「サントリーサンゴリアスvsブランビーズ」

日時

2018年6月17日(日) 10:00開場
11:00KO 第1試合 「NECグリーンロケッツ vs ワラターズ」
14:00KO 第2試合 「サントリーサンゴリアス vs ブランビーズ」
・試合規則はトップリーグに準じる形を予定・雨天決行

会場

秩父宮ラグビー場(東京都港区北青山2−8−35)

主催

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会

主管

関東ラグビーフットボール協会

後援

秩父宮みなとラグビーまつり2018実行委員会

出場チーム紹介

NEC グリーンロケッツとは

ジャパンラグビートップリーグに所属する、日本電気株式会社のラグビーフットボールチームで、創設は1985年。本拠地を千葉県我孫子市に構える。英語表記は「NEC Green Rockets」。獲得したタイトルは計5回。2003-04年シーズンのマイクロソフトカップではトップリーグ1位の神戸製鋼コベルコスティーラーズを破り、初代カップチャンピオンに輝いた。
2004-05年度は、日本選手権でトヨタ自動車ヴェルブリッツとの大接戦を制し2年ぶりに日本一のタイトルを奪還。2005-06年度の日本選手権でも東芝府中ブレイブルーパスと優勝を分け合い、連覇を達成した。ディフェンスとセットプレーに定評がある。チーム名のグリーンは、鮮やかな緑の芝を疾走する戦う男達を表し、ロケッツは、21世紀をリードするNECのイメージの象徴。パワー、スピードを兼ね備え、未来へと力強く推進し上昇していく様を表現している。

http://rugby.necsports.net/

ワラターズとは

正式名称はThe New South Wales Waratahs。日本語では「ワラターズ」と呼ばれる。
スーパーラグビーに参加するオーストラリアのラグビーユニオンチームで、創立は1996年。本拠地はシドニー。州内ラグビーユニオンクラブ所属の選手と契約選手から選抜された選手によって構成されており、2014年には初のスーパーラグビー優勝を果たした。クラブ名は、アボリニジニの言葉で赤い花を表す「ワラタ」という言葉からとられた。
2017年6月「秩父宮みなとラグビーまつり2017」では、サントリーサンゴリアスとの激戦を制した。選手たちはとても親日的かつプロフェッショナルとしての意識が高く、2017年来日時は、試合以外に、港区等の小学校におけるラグビー講座や、大臣への表敬訪問、八芳園での歓迎レセプション等へ積極的に参加し、限られた時間の中で、子どもから大人まで親睦を深めた。

http://www.waratahs.com.au/

サントリーサンゴリアスとは

ジャパンラグビートップリーグに所属する、サントリーホールディングス株式会社のラグビーフットボールチームで、創設は1980年。本拠地を東京都府中市に構える。英語表記は「SUNTORY SUNGOLIATH」。『AGGRESSIVE ATTACKING RUGBY』をチームスタイルとし、「日本No.1の攻撃型ラグビー」かつ「日本No.1のファイティングスピリッツ」を特徴に掲げている。
獲得したタイトルは計13回を誇り、 2017-2018年度トップリーグ、第55回 日本ラグビーフットボール選手権大会において優勝。2年連続の2冠獲得を達成した。チーム名のサンゴリアスは、サントリーの“サン”、太陽の“SUN”と巨人「ゴリアス(GOLIATH)」が由来。「ゴリアス」は、巨人・ゴリアテを意味し、ゴリラは、「タフネス」「テンダー」「スピリチュアル」を象徴している。

http://www.suntory.co.jp/culture-sports/sungoliath/

ブランビーズとは

正式名称は「The ACT Brumbies」。日本語では「ブランビーズ」と呼ばれる。スーパーラグビーに参加するオーストラリアのラグビーユニオンチームで、創立は1899年。本拠地はキャンベラ。ラグビー人気が高いオセアニア地域において約120年の歴史を持つクラブで、かつては、2015年ラグビーワールドカップ日本代表を率いたエディー・ジョーンズ氏が監督を務めたこともある。2001年にはオーストラリア勢として初のスーパーラグビー優勝をもたらし、2013年にはスーパーラグビー準優勝に輝いた。
ホームスタジアムは、約25,000人を収容する巨大な競技場「キャンベラ・スタジアム」。クラブ名は、オーストラリアの荒馬を表す「ブランビー」からとられた。スーパーラグビー2017年シーズン、オーストラリアカンファレンスにおいて首位を獲得している。

https://www.brumbies.com.au/

秩父宮ラグビー場とは

秩父宮ラグビー場は、ラグビー専用競技場として昭和22(1947)年に女子学習院跡地に「東京ラグビー場」として完成。昭和28(1953)年、財団法人日本ラグビーフットボール協会の名誉総裁であった秩父宮殿下のご遺徳を偲び「秩父宮ラグビー場」と名を改めました。
昭和37(1962)年10月1日、秩父宮ラグビー場は国立競技場に移管され、昭和39(1964)年、第18回オリンピック東京大会ではサッカー競技会場として利用されました。
現在も、ラグビーの国際試合、日本選手権、トップリーグ、大学選手権、関東大学対抗戦/リーグ戦などに利用されています。

レセプション

フレンドシップマッチに先立ち、出場4チームの選手・スタッフをお招きする歓迎レセプションを開催。選手と直接触れ合える貴重なチャンスです! さらに、選手のサイン入りグッズ抽選会をはじめ様々なエンターテイメントをご用意。美味しい料理とお酒をお楽しみいただきながら、ラグビーに関連する企業様や団体様の交流の場としてもご活用いただけます。一般の方もご参加いただけます。

名称:秩父宮みなとラグビーまつり2018 Supported by SUNTORY開催記念
   ウェルカムレセプションパーティ
日時:6月15日(金)19:30~21:30(開場/受付19:00~)
会場:八芳園 1階 JOUR/ジュール
服装:クールビスまたはラグビージャージ
会費:10,000 円/名 ※ 6/17(日)自由席観戦チケット1枚付き(2 試合観戦できます)
定員:200名限定(未成年の方は、参加不可です)

スポ婚  ~Tackle toward true Love~

ラグビーに興味があるけれど、ルールが分からない、楽しみ方が分からない…。そんな女性をラグビー経験男子が解決!!  「スポ婚 ~Tackle toward true Love~」は、ラグビー観戦を楽しみながら男女の出合いを創出する街コンです。秩父宮フレンドシップマッチ2018第2試合「サントリーサンゴリアス VS ブランビーズ」の観戦をしながら、ベストパートナーを見つけましょう!

■参加費
男性  10,000円(税別) 自由席観戦チケット×1枚付き
女性  4,500円(税別) 自由席観戦チケット×1枚付き

※事前申込制です。
※当日の飲食費用を含みます。
※観戦前には、テント内でルール解説のお時間がございます。
※自由席観覧チケットは2試合ご覧いただけます。

■開催日  : 2018年6月17日(日)
■開催場所 : 秩父宮ラグビー場(東京都港区北青山2−8−35)
■受付時間 : 10:30~(第一試合終了後)
■実施時間 : 12:45~17:00(予定)
■参加対象 : 男女共通 独身・対象年齢であること
(当日、運転免許証/保険証/社員証等の身分証をご提示いただきます)
男性 22歳~45歳  『ラグビー競技経験者であること』『ラグビー観戦の楽しさを話せる方』『ルールを優しく教えてあげることができる』etc…
女性 20歳~40歳  『ラグビーやスポーツに興味のある方』『ラグビー観戦が好き』 『ラグビー経験者との出会いに興味のある方』『楽しさを語れる』etc…

【チケットご購入前に必ずお読みください】
※1:チケットご購入の際は、上記の参加条件をご確認のうえお申し込みください。
※2:チケットご購入後にキャンセルされる場合、下記のキャンセル料金が発生します。
※3:お申し込み内容に虚偽記載が判明した場合、イベントへの参加をお断りいたします。また、チケット購入代金の返金はいたしません。

スポ婚ご参加の皆様へ

当日のご案内はこちらをご覧ください。

■主催
秩父宮みなとラグビーまつり2018実行委員会

■特別協力
株式会社ジェイコム港新宿 / プライムマリッジ株式会社 / 株式会社マイプリント / NPO法人青山ウェディングタウンフォーラム / 株式会社ネスパ・ディディ / 港区子ども家庭支援部子ども家庭課

イベント

今年はさらにパワーアップして、スタジアム通りと絵画館前通り(いちょう並木)にもさまざまなブースが出店! ラグビーはもちろん、世界のグルメ、そして熱気溢れるステージまで盛りだくさんのイベントを開催! 観て、食べて、触れて、一日中盛り上がりましょう!

秩父宮ラグビー場「聖地」体験プログラム

昨年に引き続き、元日本代表で「秩父宮みなとラグビーまつり」アンバサダーの齋藤祐也氏自らがラグビーの楽しさ・面白さを子どもたちに熱血指導! 初めてラグビーをする子どもたちを対象にした体験教室です。

【当日のスケジュール】
8:00~     受付開始(子どもは南スタンドにて待機)
8:30~     グラウンドへ降りて集合
8:45~9:45  講座
9:45~10:00  南スタンドから退場

元日本代表で「秩父宮みなとラグビーまつり」アンバサダーの齋藤祐也氏自らが、初心者から上級者まで、レベルに合わせて丁寧に指導してくれます。ラグビーに興味がある全ての女性が対象です!

【当日のスケジュール】
8:00~     受付開始
8:30~     グラウンドへ降りて集合
8:45~9:45  講座
9:45~10:00  南スタンドから退場

Sponsor

協賛

          

                 

             

        

サントリーホールディングス株式会社

NECネッツエスアイ株式会社

アサガミ株式会社・株式会社マイプリント/大成建設株式会社

AIGジャパン・ホールディングス株式会社/株式会社ゼロワンブースター/広友レンティア株式会社/株式会社八芳園/ダイキン工業株式会社

日本空港ビルデング株式会社/三菱電機株式会社/株式会社オカムラ/笑顔道整骨院グループ 株式会社爽健グローバル/セコム株式会社/スポブル

キッコーマン株式会社/一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会/ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社/ Sports Bar SPALTI /RUGBY ONLINE /塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会/アディダスジャパン株式会社/国際自動車株式会社/東京モノレール株式会社/葉山国際カンツリー倶楽部(株式会社三和)/株式会社無洲/カーサ瀬戸内/NPO法人みなとラグビースクール/共育連絡会(株式会社小学館集英社プロダクション)/大塚製薬株式会社/株式会社スズキスポーツ

特別協力

ジェイコム

株式会社ジェイコム港新宿

株式会社ジュピターテレコム/株式会社ジェイ・スポーツ

株式会社マインドシェア

協力

    

赤坂氷川山車保存会/一般財団法人日本青年館/日本サイクリング協会/株式会社Food Connection/TSP太陽株式会社

後援

スポーツ庁/観光庁/東京都/新宿区/独立行政法人日本スポーツ振興センター/公益財団法人ラグビーワールドカップ2019 組織委員会/公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構/公益財団法人日本ラグビーフットボール協会/関東ラグビーフットボール協会/東京都ラグビーフットボール協会/在日オーストラリア大使館/在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所/読売新聞社/ラグビーマガジン

特別後援

港区/港区教育委員会/ 東京商工会議所港支部/ 港区商店街連合会/ 港区観光協会/ 公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団/ 一般社団法人港区ラグビーフットボール協会

                    

2018年6月8日現在

協賛

    

サントリーホールディングス株式会社

NECネッツエスアイ株式会社

アサガミ株式会社・株式会社マイプリント/大成建設株式会社

AIGジャパン・ホールディングス株式会社/株式会社ゼロワンブースター/広友レンティア株式会社/株式会社八芳園/ダイキン工業株式会社

日本空港ビルデング株式会社/三菱電機株式会社/株式会社オカムラ/笑顔道整骨院グループ 株式会社爽健グローバル/セコム株式会社/スポブル

キッコーマン株式会社/一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会/ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社/ Sports Bar SPALTI /RUGBY ONLINE /塩と暮らしを結ぶ運動推進協議会/アディダスジャパン株式会社/国際自動車株式会社/東京モノレール株式会社/葉山国際カンツリー倶楽部(株式会社三和)/株式会社無洲/カーサ瀬戸内/NPO法人みなとラグビースクール/共育連絡会(株式会社小学館集英社プロダクション)/大塚製薬株式会社/株式会社スズキスポーツ

特別協力

ジェイコム

株式会社ジェイコム港新宿

株式会社ジュピターテレコム/株式会社ジェイ・スポーツ

株式会社マインドシェア

協力

    

赤坂氷川山車保存会/一般財団法人日本青年館/日本サイクリング協会/株式会社Food Connection/TSP太陽株式会社

後援

スポーツ庁/観光庁/東京都/新宿区/独立行政法人日本スポーツ振興センター/公益財団法人ラグビーワールドカップ2019 組織委員会/公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構/公益財団法人日本ラグビーフットボール協会/関東ラグビーフットボール協会/東京都ラグビーフットボール協会/在日オーストラリア大使館/在日オーストラリア・ニュージーランド商工会議所/読売新聞社/ラグビーマガジン

特別後援

港区/港区教育委員会/ 東京商工会議所港支部/ 港区商店街連合会/ 港区観光協会/ 公益財団法人港区スポーツふれあい文化健康財団/ 一般社団法人港区ラグビーフットボール協会

                    

2018年6月8日現在

WordPress Theme built by Shufflehound. Copyright (C) 2018 chichibunomiya-minato-rugby-fes Corporation. All Rights Reserved.